Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

プロフィール

ご来訪ありがとうございます。Rikaと申します。

このブログは、30代からのオトナ女子に向けた、

ファッション情報を発信していくものです。

私なりのファッションコーディネートの考え方や、

今日のコーディネート、ファッションの最新ニュース

などをアップしていきたいと思っていますので、

よろしくお願いいたします。

ここで少し、私の自己紹介をさせてください。

1982年、東京の下町で生まれました。

育ったのも、同じ町です。

現在は、某企業のOLをする傍らでブログを更新しています。

ファッションを研究するきっかけとなったのは、

就職したての新人時代に言われた女友達の言葉でした。

「RIkaちゃん、この洋服の組み合わせ、本当に可愛いと思って選んでる?

自分が可愛いと思わないコーディネートは人が見ても可愛いと

思わないよ!」

衝撃の一言でした。

そのときの私は、まさしく、まあこんなものかな

という妥協で服を選んでいました。

高校卒業後、専門学校を卒業してOLになった私は、

言ってみればこの友達にとって社会人の先輩です。

友達はまだ学生の身。この言動も、今聞いたら

学生だから言えることとして流していたかもしれません。

しかし、まだ19歳だった私は、素直にこの言葉を信じるのでした。


それからというもの、内勤であることをいいことに、

毎日ありとあらゆる服装で出勤しました。

フリルやリボンたっぷりの服装から、アシンメトリー

だったりビビットな色づかいのモードなものまで。

実家から通っていることもあり、お給料の大半は服に

つぎ込みました。


そんなあるとき、仕事場の先輩女性から、

「Rikaさん、今日の服装下着着ているみたいよ。

上のそのピンク色の脱いだほうがいいんじゃない?」

と指摘されました。

確かに、その日は古着のスリップを着ていました。

文字どおり下着です。

しかし私は、お母さんほどの年齢のその女性に向かって

こう言いました。

「いやです!」



信頼している人のことをひたすら信じ、

こだわることにはとことんこだわる信念を持つ私は、

友達に言われたことを忠実に守り続けたのです。

今思えば、先輩のアドバイスを聞かないなんて、

若気の至りだなと思います(笑)


そんな私も、今は上品なフェミニンさと

知的なマニッシュさを併せ持つ大人の女性らしい

ファッションへと移行しました。

もちろん、妥協した服装ではありません。

今まで様々なファッションを試した結果行き着いた、

大好きなテイストです。

今では、仕事場で育児休業から復帰する際の服装を

同世代の女性から相談されるまでになりました。

昔は、大好きで可愛いと思う服装を極めるとなると、

セレクトショップなどある程度の高級店でないと、

納得のいく服に出会えませんでした。

若いから、プチプラの服でも様になったのかもしれませんが、

その経験があったからこそ、

今、プチプラなのに高見えする服を選べるようになりました。

セレクトショップの服とのミックスも楽しんでいます。

子どものころから人見知りが激しく、人当たりも

非常に不器用だった私。

まわりからは、大器晩成型だねと言われてきました。

そんな私も、今では人と接するときにだいぶ余裕が

出てきました。

やはり大器晩成型だなと実感しています。

私のファッションも、また、大器晩成型。

紆余曲折の末たどり着いた、現時点での最高のかたちです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

それでは当ブログを引き続きお楽しみくださいませ!

                                                                   RIka

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする